車を高く売るためにしっかりとわかっていなければいけないことは?

車を高く売るために多くの方がよく勘違いしてしまうポイントとして『大手の中古車の会社なら車を高く売るできるかも・・・』ということです。

 

しかし、それは大きな落とし穴なんです!

 

もちろん大手の中古車の会社で車を高く売れないということではなく、大手1社だけで査定をしてしまうのを大きな損をすることも・・・

 

大手の買取業者といえども、在庫などの要因で査定額は大きく変わってしまうからなんです!

 

例えば、
在庫が余っているA社では買い取る余裕自体がなく、B社は在庫が不足している。そのため、『同じ車なのに査定額がA社では60万円、B社90万円』とこんなに違うこともよくあります。

 

このように在庫などの状況によって査定額は各社によって大きく変わるので、一般の私たちがどこで一番高い金額で売ることができるのかがわからないのです。

 

そのため、一番高く売るためには複数の会社で査定をすることがとても重要です!

 

しかし、中古車屋が近くに複数あればいいですがそうでない人の方が多く、それに査定に行くたびに査定額の交渉をするのはとても大変な作業になります。

 

そこで、おすすめはネットで複数の会社で査定をすることができる車の一括査定の利用です!

 

車を高く売るのなら上記でも言っているように車の一括査定を利用するべきなんですね。車を高く売るためには複数の会社の間で競争をさせる必要があるんですが、それを実際に自分でやろうとするとなかなか難しくてすごく大変で妥協して安い金額で売ってしまう傾向にあります

 

。そこで、車を高く売るなら車の下取りをするよりも車の一括査定がおすすめなんです!

車買取を下取りで済ませると大損するって本当? 

車買取を下取りで済ませると大損するって本当? という声が聞こえることがありますが、大損は言い過ぎにしても、損することはまぁ多くある、と言ってしまっていいでしょう。

 

下取りは、次に買う車が決まっている場合に有効な方法で、その新車の購入費用から下取りの価格をひいてくれるから新車が安く変える、ディーラーが細かなメンテナンスをしてくれる、相談にのってくれる、といった多種のメリットを持っているのですが、その一方で、やはり査定額があやふやになりやすいというデメリットを持っているのです。

 

たいていの下取りは、中古車の買い取り査定額と新車の価格をないまぜにした書類を作成してきますから、売りに出そうとする中古車単体としての価値が見えにくくなってしまうのが、その理由です。そのため車を高く売るために下取りは向いていないんですね。何となく新車が安く買えるから得したという気持ちになっていると、実は中古車買い取り業者にお願いするよりも損していた、という事実に気づきそびれてしまうようです。

 

ただし下取りの際は、ディーラーが書類の手続きや先にも述べたようにメンテナンスを細かく行ってくれることが多いので、面倒なことが嫌いという人は、その手間賃が取られている分査定が低くなっていると考えてみるとよいでしょう。

更新履歴